Choice Diary

上質なライフスタイルのためのヒント

新年の初日に目標の1つ目を実現できた2つの秘訣

あけましておめでとうございます。 

昨年の12月27日にHatenaブログを開始してから、すでに100PVをいただきました。ありがとうございます。

今年もこのブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 

このブログを読んでくださっている方は、すでに新年の目標を設定しておられることと思います。

私も昨年末に、2017年に設定した目標のうち達成できたものとできなかったものを振り返り、なぜ達成できたのか、なぜ達成できなかったのかを分析して、2018年の目標を立てました。

 

それらの目標の1つとして「毎朝4時半に起床して、夜10時半に就寝する」を設定しました。

そして新年の初日の朝4時半に起床することができました。

 

これが実現できた秘訣は次の2つだと考えています。

1. 目標実現のために自分が使う言葉を選ぶ

何か新たなチャレンジに取り組む際に、最初からムリだと思ってしまうと、そこで思考停止してしまいます。

なので私が心の底から実現したいことがある場合は、決して「ムリ」という言葉を使わず、「どうすれば実現できるのか」という言葉を使うようにしています。

そうすると、脳が実現できるための方策をいろいろ考え始めてくれます。

 

2. 目標実現のためには、自分の意志をあてにせず、他者の力を借りる

昨年私が実現できなかった目標は、すべて自分の意志だけで努力しようとしていたことばかりでした。目標を立てたものの、途中で挫折してしまったり、そもそもその目標へ向けての第1歩を踏み出すことができないものもありました。

なので、早寝早起きの目標を実現するために、自分の意志をあてにせず、仲間の力を借りて実現しようと計画し、私が現在所属しているコミュニティの2つのグループメンバーになりました。

1つは5時起きを習慣化するグループ、もう一つは就寝時間を早めるグループです。

 

これら2つのグループのおかげで、今朝は4時半にスッと起床でき、心地よい静けさの中でお気に入りのコーヒーをいただきながら充実した時間を過ごすことができました。

 

そして、

目標を実現するには、目標に向かって正しく努力する人といっしょにいることが大切である

ということに気づくことができたのです。

 

昨年は、目標に向かって正しく努力する人といっしょにいたのは、1日の中で50%以下でした。
その理由は平常は同僚とだけかかわっていて、休日に目標に向かって正しく努力する人に会う機会が少なかったからです。 

今年の目標に、「やり抜く力を身に付けるために、やり抜く友人になるべく囲まれること」も入れています。
なので今年は、目標に向かって正しく努力している人々との出会いを増やし、ゆるくつながっていくことにします。



目標を実現するための2つの秘訣

1. 目標実現のために自分が使う言葉を選ぶ

2. 目標実現のためには、自分の意志をあてにせず、他者の力を借りる