JJの選択日記

よりよい人間関係とライフスタイルを選ぶための情報を発信しています

口内炎はなぜできるの?

私は数年前まで、
よく「口内炎」になっていました。
 
でも最近はほとんど口内炎になっていません。
 
口内炎とは、
口の中の炎症のことです。
 
口の中の炎症は、
消化器、特に胃や十二指腸の炎症と関係があり、
たいていは「食べ過ぎ」が原因です。
 
なので、
口内炎ができたら
食事内容や量を改めて
胃腸を休ませてください。
 
また、食事時間がバラバラ、深夜の食事、夜食、
過剰なストレス、甘いものやお酒などで
免疫が急激に低下していることも
口内炎の原因として考えられます。
 
体内に水分が多いと、
むくみや炎症を引き起こしやすくなります。
 
このような場合は、
利尿作用のある大根、アスパラガス、はと麦などを食べて
余分な水分を出してしまいましょう。
 
さらに、東洋医学では
排便も体内の水分調整をしていると考えます。
きのこ、芋類、玉ねぎなどで排便をうながし、
炎症を鎮めましょう。
 
 
<おすすめの食材>
大根、はと麦、ひえ、アスパラガス、小松菜
山芋(長芋)、みょうが、あさり、せり、しいたけ
 
 
 
*大きいイボがある人は、はと麦茶を飲みましょう。
 イボは、脂とたんぱくが溜まり、流れが滞った状態のものです。 
 はと麦には利尿作用があるため、この滞りが解消されます。
 
=============================================
口内炎の主な原因は、
食べ過ぎ、不規則な食習慣、過剰なストレスです。
 
利尿作用のある「はと麦」をうまく活用していきましょう。
=============================================
 
(参考)


薬食同源 漢方医がすすめる食材力レシピ

 
 
 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

🌟JJのホームページ

jijasite.wixsite.com